Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

腰痛に関するマルチメディアの効果 

腰痛に関してマルチメディアにより
大きな功績をおよぼした有名な研究がある。

オーストラリアのビクトリア州のキャンペーンで
腰痛に屈するな!」といった内容になっている。
具体的な内容としては
腰痛は重篤な疾患でなく、不必要な検査や治療を避け、
過度に医療対象にしないこと。
腰痛があっても活動的な生活や仕事は続け
安静を避けることを推奨した。

これにより従来の腰痛は安静や休息が重要というものに対し、
意識の変化があった。
身体活動に関する恐怖回避思考の改善が認められた。
医療費が15%も減少した。などの効果があった。

またスコットランドの保健教育局の全国教育キャンペーンもある。
このキャンペーンにおいては活動的な状態を保つ。
単純な疼痛緩和を試みる。
必要であればアドバイスを求めること。

こうしたキャンペーンにより一般人の腰痛の認識や
医師の行動においても変化が起きている。
腰痛に対する安静は見事に20%逆転して現れ、
活動することの重要性が支持されるように変化した。

病は気から。こうしたことの重要性が
改めて示されているのではないかと感じる。

1)Buchbinder R,et al.:Effects of a media campaign
 on back pain beliefs and its potential influence on
 manageement of low back pain in general practice.
 Spine 26:2535-42,2001
2)Buchbinder R,et al.:Population based intervention to
 change back pain beliefs and disability:three part
 evaluation.BMJ 322:1516-20,2001
3)Waddell G,Working backs Scotland,presented at the
 Mckenzie Institute Eighth International Conference,Rome,
 Italy,2003;see www.workingbacksscotland.com.
関連記事
スポンサーサイト

Category: 腰椎

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1446-b2f15c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12