Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

痛みの悪循環 

痛みは機械刺激や炎症によって、
発痛物質を自由神経終末が
受け止めることによって生じる。

脳は外側脊髄視床路によって大脳皮質の
体性感覚野に繋がる。
これが感覚系の経路である。
そしてもう一つは内側脊髄視床路によって、
島皮質、前帯状回、前頭前野、扁桃体、
海馬に繋がる。
これは情動系の経路である。
辺縁系に作用しイライラや不安などの感覚を引き起こす。
また間脳の視床下部にも影響をおよぼし、
自律神経症状を引き起こす。

副腎髄質のノルアドレナリンや交感神経優位の影響で、
末梢血管の収縮と筋の攣縮が生じる。
これらの症状は痛みを誘発するので、
また脳に作用し、これらが慢性的に繰り返すこともある。
また場合によっては、機械的刺激や炎症などの
身体に異常が生じていない時でも、
脳がストレスを感じると痛みを生じることがある。
これはストレスを受けることで脳が反応し、
交感神経優位や副腎髄質が働くためである。

痛みそのものにおいても、また慢性化しないためにも
不安のない状態で進めていくことは必要不可欠である。
心理社会的要因と腰痛
関連記事
スポンサーサイト

Category: 痛み

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1464-b3e8c26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。