Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

体の歪みとジンク・パターン 

骨盤が歪んでいる。といった言葉を良く聞くようになった。
体がねじれていると不調を生じる。
こういったこともよくきかれる。
しかしながら実は体は左右対称ではなく、
わずかながらねじれている場合がほとんどである。
これは胃や肝臓の位置が真ん中でないことや、
肺の形状、そして利き手と利き足のことを考えれば
当然のことといえるのではないだろうか。

アメリカのJ・ゴードン・ジンクは
体の歪み方のパターンによって、
筋膜の緊張や体液の循環に影響を与え、
健康状態に変化が生じることを発見した。
このねじれのパターンのことをジンク・パターンと呼ぶ。

このパターンは大まかに4つのパートで分類する。
まず頭部と頸部。そして頸部と胸郭、
次に胸郭と腰部、最後に腰部と骨盤。
人間の8割型の人は図のような代償性のパターンをとると言われる。
このパターンは交互にねじれるのが特徴である。
こういった代償パターンの人は病気やストレスに対して
耐性がある場合が多いとされる。
そして非代償性パターンは同じ方向に連続的にねじれるのが特徴である・
こういった代償パターンの人は循環や呼吸、
内臓機能不全が生じやすく疲れや回復も遅く、
ストレスの耐性が弱い人が多いとされる。

こうした問題は遺伝や生まれつきの問題もあるが、
生活習慣から生じる場合も非常に多い。
歪んでいても代償性パターンで特に気になる症状がない場合は、
気にする必要は少ない。
非代償性パターンを習慣的にとっている姿勢はないか、
もう一度見直す必要があるかもしれない。無題 1
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1470-e3d34458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。