Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

慢性疾患の考え方 

高齢化に伴い慢性疾患が多くなっている現在、
リハビリテーションに対する考え方も変化が必要である。
組織の損傷として考えた場合は、
組織の回復とともに機能改善を進めていくことになる。
しかし、慢性疾患を考えた場合はこの考えは当てはまらないことも多い。
受傷機転が曖昧で、症状も良かったり悪かったりする。
組織は通常回復していくはずなのに、
なぜ良かったり悪かったりするのだろうか。

慢性疾患を考えるとき、炎症を伴う強い症状の場合は
組織の損傷として捉えることも場合によっては必要である。
しかしながら、悪化が日常生活によって生じているのであれば、
根本的に改善すべき問題は身体機能ではなく、
日常生活での姿勢や使い方になってくる。

例えば座っていると痛くなってくる人がいたとする。
この場合、どうしても患者さんは
「この腰は悪いんじゃなあ・・・。」と思ってしまう。
療法士も「椎間板が・・・。」とか「どうしても歳の関係で・・・。」
など話してしまうこともあるかもしれない。
確かに、画像所見による変性や加齢の影響などもあるかと思うが、
おかしなことがある。
痛みは良かったり悪かったりするが
変性や加齢は急激に変化するものではない。
痛みが楽な時は変性が改善しているわけでもなく、
年齢も若返っているわけでもない。
筋の緊張であれば変化しやすいものなので一理あるが、
この緊張に影響しているものは何だろうか。
ようするに姿勢や使い方である。

炎症がなく、骨折もない。神経症状もないなどの
レッドフラッグからはずれる疼痛の場合は、
症状はそこまで緊急性の高い重大な問題ではないことも多い。
こういった症状は身体は
体が痛んでいることを教えてくれているのではなく、
「この使い方だと、後々痛んでしまうよ。」
ということを教えてくれているのである。
「この痛みは正常なもので体が異常なわけではないですよ。
 ただ、今の姿勢や使い方が体の負担になっているのを教えてくれてるので、
 痛みが出ない姿勢や使い方に変えるとうまくいくことが多いです。」
などと話をすると、安心するとともに、
日常生活を気をつけるという動機付けに繋がりやすい。

一度強い痛みを経験するとどうしても、
痛みに敏感になり不安となりやすい。
痛みの意味をしっかりと把握し、日常生活そのものを見直すことが、
慢性疾患を考える上で重要な部分といえるのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 高齢者

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1478-7caf8f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12