Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

言葉は省略される 

相手の言葉を理解するのは難しい。
相手の言葉は感情が入ることで
どうしても広く曖昧となってしまうためである。
省略歪曲一般化などが生じることで、
相手の言葉の表面的な意味はわかるものの、
本当に起きたことを理解することは難しいのである。
それではその言葉がわかりにくくなる、
省略や歪曲、一般化について述べる。

省略とはひとくくりの言葉にまとめて理解してしまうことで、
具体的には「いつ」「どこで」「だれが」
「どのように」「どうやって」「どんな」
などの5W1Hの他に誰かとの比較や評価なども
省略されやすくなってしまう。
「今日仕事でまた怒られた。いつも自分ばかり怒られる。」
この話においてもいつ、どこでが抜け落ちている他、
怒られた内容もどういった怒られ方をしたのか不明である。
「いつも自分ばかり」という内容は
誰と比較されているのかがわからないし、
「いつも」というのはどれ位の頻度かもわからない。
このように会話に用いられる言葉は
ずいぶんと省略されているものである。

歪曲とは話を省略する中で、真実が歪んでしまったことを指す。
憶測や何かの前提で話が進んだり、
2つの別の表現が同じ意味になったりがこれにあたる。
「うまくいかない。あの人といるといつもこうなる。
 今回もあの人がいたから。自分がうまくいかないのもあの人のせい。」
といった話が歪曲にあたる。

一般化は可能性を全か無かにきめてしまうこと。
~すべき、~すべきではない。絶対に、いつもなどがこれにあたる。
「この方法は絶対に間違えている。私たちはこの方法にするべきだ。」

こういった省略・歪曲・一般化により、物事の真実は見えにくくなる。
相手の感情の捉え方でこちらの捉え方も変化してしまう。
いかにそれらの省かれた内容を明確にするかが、
物事の本質を捉えることに関わってくる。
またこれらを理解することで、
物事に対して相手がどのように捉えているかが見えてくる。
捉え方を変えることで気持ちが楽になることも多いので、
どのような捉え方が相手にストレスになっているかを
把握するヒントにもなるのではないだろうか。

省略
関連記事
スポンサーサイト

Category: 会話

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1490-f85ff0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12