Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

消化器の流れ 

冬は胃腸の機能障害が生じやすい。
自律神経系の影響を受けやすい他、
忘年会、クリスマス、正月と
過食になりやすい時期というのも影響として大きい。

では消化器系について考えていく。
まず食べ物は口から入る。
1日1〜1.5ℓ分泌される唾液。
アミラーゼという酵素で炭水化物を
麦芽糖にかえ小さな分子にする。

そして食べ物は咀嚼され食道に運ばれる。
食道は蠕動運動を行ない、逆流せずに胃に送られる。
胃も食道と同じく蠕動運動を行なう。
消化液はペプシンでタンパク質の分解を行なう。
胃酸の分泌は1日1〜2.5ℓ程度である。
胃は1.5〜2ℓも容量がある。

肝臓・胆嚢・膵臓は消化器に付属している臓器である。
肝臓でつくられた胆汁酸を胆嚢で貯蔵し、
十二指腸から分泌される。
膵臓はアミラーゼ・リパーゼ・トリプシノーゲンという
消化酵素をつくる。

消化された栄養素は小腸と大腸で吸収される。
小腸は十二指腸・空腸と回腸があり、
十二指腸でカルシウム・マグネシウム・鉄が吸収される。
空腸ではアミノ酸や水溶性ビタミンと脂肪、
回腸ではビタミンB12などが吸収される。
小腸は約6m程度の長さがあり、3〜6時間で通過する。

大腸では電解質や水を吸収する。
約1.5〜2mで8〜10時間かけて通過する。

食べ、消化し吸収するにはこれだけ多くの内臓が働き、
それぞれが役割を果たしているのは驚きである。

内臓
関連記事
スポンサーサイト

Category: 栄養学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1495-18d95300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12