Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

可動域と筋力のどちらからアプローチ? 

可動域制限筋力の低下はアプローチをする上で、
問題点となりやすい機能障害ではないだろうか。
柔らかさも大事だし、力も大事。
ではどちらかというとどちらから優先的に
アプローチをすれば良いのだろうか。

結論から言うとやはり可動域からアプローチする方が、
スムーズにアプローチを行なえることが多い。
筋力は骨が可動するときに生じるトルクによるもの。
可動範囲が狭ければ骨の可動する範囲も少なくなり、
トルクは減少してしまう。
また可動範囲の中間域で筋力は最も強いので、
可動範囲が狭ければ日常生活でも筋力を発揮しにくい。

例えばドアの継手を想像してもらいたい。
ドアの継手を締まり過ぎているとドアを開ける時に、
ギシギシ音が鳴って多くの力が必要になる。
しかし、継手を緩めてあげればドアを開ける時に、
軽く動くので力はあまり必要ない。
試しに筋力の弱い部分の運動方向に対して、
可動域や副運動を改善して効果判定をしてみると良いかもしれない。
腰痛や膝痛のある人は股関節の可動域制限が多く見られる。
股関節の伸展の筋力を測定した後、
股関節の伸展可動域もしくは副運動を改善し、
もう一度筋力を測定してみるとどうだろうか。
可動域を改善しただけで、筋出力の向上が認められることも多い。

筋力そのものが落ちてしまっているのか、
それとも可動域が低下しているのか。
洞察力が高くなれば、動作分析から
どちらの問題が大きいかを気づくことができるかもしれないが、
このように先に可動域を改善することで、
真の筋力低下がどれだけあるかを確認すれば、
より効果的なアプローチに繋がるのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 可動域制限

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1498-6b94fc12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。