Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

手指の動き 

橈骨遠位端骨折、脳梗塞片麻痺、パーキンソン病。
これらの疾患により、手指の動きが低下することは多い。
不動による影響によるものだが中枢性の疾患でも、
過緊張や廃用に伴い可動域制限が生じ、
より動くことが難しくなることも多い。

手の動きに関しては手指の屈曲・伸展動作
いわゆるグーパーを繰り返してもらい、
左右差を比べてもらうのが簡易的なテストとして使いやすい。
どちらが軽いか・重いか。
療法士は動作から動きの小さい指などを確認する。

手指を曲げる動きは浅指屈筋と深指屈筋の働きが必要であり、
この動きを維持するためには手のアーチが重要である。
手も足と同様にアーチが必要であり、
手指の動きに障害がある場合は手のアーチも低下し、
扁平状になっていることも少なくない。

アーチ形成には手根骨の可動性が重要だが、
大菱形骨・舟状骨・月状骨・三角骨から形成される。
その形成されたアーチの中に浅指屈筋と深指屈筋が走行し、
横手根靭帯が包み込む。

要するにこれらの手根骨の副運動の改善とともに、
屈筋腱を包み込む横手根靭帯および
その周囲組織の柔軟性が重要である。
無題 1
関連記事
スポンサーサイト

Category: 手指

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1499-5f87ea4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12