Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

手指の動きとその他の関係 

手指の動きが改善されることで、
手指以外にも肩の動きや
FFD(指床間距離)なども変化することが多い。
これはどういったことだろうか。

手指の筋は筋膜連結により、
肩周囲や腰周囲までつながる。
筋膜の連結に関しては
アナトミートレインが有名である。
アームラインという筋膜の繋がりであり、
大胸筋部までの筋膜の動きが改善されれば、
肩の運動性の改善が認められ、
広背筋部までの筋膜の動きが改善されれば、
腰部の運動の改善とともにFFDも変化する。

なかなか良くならない中枢部の問題が
実は末梢の影響を受けていたり、
また逆になかなか良くならない末梢の問題が
実は中枢の影響を受けていたりする。

機能改善を考えていく時に、
疼痛部位のみ単独で見ていくだけでなく、
その周辺関節の機能を確認していくことが
根本的な改善に繋がることも大きい。
アプローチの後は症状が改善するのに、
再発を繰り返してしまう場合は
このように周辺関節の機能も確認すると
何らかの糸口が見つかるかもしれない。
手指と筋膜連結
関連記事
スポンサーサイト

Category: 手指

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1500-cf50ce78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12