Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

患者さんに能動的な治療参加を 

アプローチを行なう上で療法士の力にも限界がある。
硬くなった筋や関節を柔らかくすることで、
症状は改善されることはできる。
しかしながら、使い方や姿勢といった体の状態、
もしくは考え方や思いなどの心の状態によって、
再度症状が出現することは多いのではないだろうか。

根本的な原因は日常生活の中に存在することも多い。
そのため、日常生活においての悪化する要因を
コントロールするためには
患者さんの能動的な治療参加が必要不可欠になる。

ではどのようにして能動的に参加を促せれば良いだろうか。
日常生活による影響は習慣や癖などといった、
なかなか無意識でコントロールするところが難しいものが多い。
まずは理屈を理解することが第一であるが、
理屈通りに人は動くことが難しい。
うまく気持ちの中で行動に繋げることが大切である。

具体的には患者さんのニーズを明確にする。
良くなって何ができるようになりたいのか。
そしてそれを邪魔する機能障害が何なのか。
これが目標にも繋がる大切な部分になる。
そしてその症状に対して私たちのできることが何で、
患者さんのすべきところが何なのかを伝える。
例えば、「体を柔らかくして良い姿勢をとりやすくする
お手伝いまではできるのですが、
家に帰ってからの姿勢は自分で気をつける必要があります。」
この理屈してもらえると思う。
しかしながら、いつも毎日よい姿勢をし続けるというのは、
現実的に考えて不可能に近い。
きっと療法士も口で言いながら、
それは自分でも無理だろうと心の中では
思ってしまうかもしれない。

ここで大切なのは「常に良い姿勢を心がけることは無理なので、
症状が出始めたらそのときの姿勢・動作・考えかたが、
体に合っていないので修正してみましょう。」
といった声かけをしてみたらどうだろうか。
そうすることで、注意すべき点が限定されるし、
悪化する要因も特定できる。
この2点は日常生活でのコントロールにおいて、
重要な気づきに繋がりやすい大切なものとなる。

そして「それでも無理なときもあるときは、
こちらでまた手伝っていきます。」とさらに付け加える。
患者さんは常に症状において不安を感じている。
しかしながら、思うように日常生活で
自分の行動や気持ちを管理できずに罪悪感を感じる。
しかし、こういったことは別に責めるべきことではない。
人間誰しもが人生の中で失敗を繰り返しながら、
軌道修正し適応していく。

療法士は理詰めで患者さんを
追いつめてしまうことも少なくない。
理屈は困った時に安心感を与えるために役に立つもので、
より不安を増強するべきではない。
できるだけ安心して治療を続けるように心がけ、
うまく逃げ道もつくってあげられる余裕も必要である。

うまくいかないときは失敗ではなく、
問題を見つけることができたチャンスである。
次にうまくコントロールすることができれば、
また一つ問題を対処する大きな力に繋がる。
良くしたい。良くしてあげたい。という気持ちはお互い同じである。
伝え方を少しだけ変えるだけで、
お互いがより明るく楽しく治療する環境になるのではないだろうか。
関連記事

Category: 会話

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1501-c4dd2003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。