Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

腸は脳と繋がっている 

腸と脳は迷走神経という神経で繋がっている。
迷走神経は第10脳神経にあたるのだが、
腸の迷走神経のほとんどは脳に情報を送っている
要するに脳が腸を支配しているというよりも、
腸が脳を支配していると言い換えることもできる。
また膵臓や胆嚢に指令を送るのもまた腸である。

そして腸には神経細胞が多く存在し、100万個を超える。
これは脊髄と同様の数の神経細胞の数である。
また脳内を安定させることで有名なセロトニンのほとんどは
腸によってつくられる。
セロトニンは血液脳関門を通過できないので、
直接脳に使うことはできないが
他の臓器に自律神経系で指令を伝達するので、
結果的に調子が悪くなると脳にもストレスが生じる。

腸が冷えると代謝は下がり、腸内の善玉菌も低下する。
深部体温が1℃下がると、基礎代謝は12%下がり、
体内酵素の働きが減少することで腸内環境も悪くなる。

要するに腸を冷やさないようにすることだけでも
脳にも良い影響を与える可能性がある。
脳へのストレスを考えるだけでなく、
まず体温をできるだけ下げないようにし、
腸内環境を整えることも大切なことかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 健康

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1505-16f39846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12