Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

燃え尽き症候群の原因 

医療従事者の燃え尽き症候群は1970年代にアメリカで報告、
80年代には日本でも紹介され専門職の疾患として注目された。
原因としては同情し過ぎて感情的に疲れる同情疲労説と、
仮面によりいわゆる営業スマイルにより疲れてしまう、
感情不一致説の二つの仮説が議論されてきた。

医学研究科准教授の高橋英彦、
こころの未来研究センター教授の
カール ベッカーなどのグループにより
機能的MRIで脳活動からそれらの仮説の検証を行なった。
その結果、同情疲労説より感情不一致説のほうが
燃え尽き症候群の徴候をよく説明できることが示された。

機能的MRIの脳活動の強さを検証すると、
自身の感情を認識することに関わる
島皮質全部と側頭頭頂接合部の活動が弱い人ほど、
燃え尽き症候群の徴候が強いことが判明した。

また共感に関わる脳活動が弱い人ほど、
感情の自覚や表現が不得意で
感情の内面と表現の不一致が感じやすいことが示された。

自分自身の感情をしっかりと認識すること。
そして自分の感情を自覚し、
相手への表現と一致することが重要である。
これは共感する力の強い人ほど高い傾向があり、
心というものを日頃から向かい合う必要があるのかもしれない。

1)S Tei, C Becker, R Kawada, J Fujino, K F Jankowski,
 G Sugihara, T Murai and H Takahashi
 "Can we predict burnout severity from empathy-related
 brain activity?"Translational Psychiatry (2014) 4,
 e393 Published online 3 June 2014
関連記事
スポンサーサイト

Category: 心理学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1509-331d98db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12