Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

DNAによる性格のタイプ 

DNA検査により
セロトニンのトランスポーターと
ドーパミン受容体の関わりがわかる。
大まかにいうとセロトニンは心のブレーキ。
ドーパミンは心のアクセルとなる。
ブレーキが強いか弱いか。
アクセルが強いか弱いかで、
性格のタイプを分析できるという。
ではDNAによる性格のタイプを述べていく。

楽観・好奇心タイプ
セロトニンの働きが弱く、ドーパミンの働きが強い。
好奇心旺盛で天真爛漫。積極的で社交的、人といるのが好きである。
気軽でのんきな反面、攻撃的なところもある。

楽観・地道タイプ
セロトニンの働き弱く、ドーパミンの働きも弱い。
楽観的だが地道である。落ち着きがあるが社交的でもあり、
調整役や脇役として信頼も厚い。

慎重・好奇心タイプ
セロトニンの働きが強く、ドーパミンの働きも強い。
神経質で注意深いためストレスがたまりやすい。
自信過剰で自己に対する過大評価がある。

慎重・地道タイプ
セロトニンの働きが強く、ドーパミンの働きも強い。
熟考して取り組む完璧主義の努力家。
反省深いので不満は少なく気分の浮き沈みも少ない。

セロトニンの働きはアメリカ人のほうが弱く、
楽観的な人が多い。
L/Lはアメリカで3割だが、日本ではほとんどいない。
それに対し、S/Sは日本では70%と多い傾向となる。

またドーパミンの働きもアメリカ人のほうが強い。
アメリカでは約半数がドーパミンの働きが強いタイプだが、
日本では2割程度しかいない。

楽天的で好奇心旺盛のアメリカ人と、
慎重派で地道な日本人。
映画やドラマなどでも顕著な違いを感じるが、
実際のDNA検査においても
こうした傾向が浮き彫りになることは実に興味深い。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 健康

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1515-f601273a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。