Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

集団主義と個人主義 

集団の和を大切にする集団主義と、
他人に左右されず自分で人生を
切り開くべきという個人主義がある。
この2つの考え方は文化や思想、
宗教などの影響があり国によっても違いが分かれる。
日本の場合は島国と村社会の影響で、
集団主義が強かったのだが、
近年は徐々に個人主義の考えが広まってきている印象を受ける。
ではこの集団主義と個人主義についてもう少し詳しく述べていく。

集団主義は人口密度が高い地域や高齢者が多いところが、
優位となる傾向がある。
中国や他のアジアは集団主義が強い傾向となる。
個人主義は異文化との接触の多い地域や、
GDPが高い国また高学歴の地域が優位となる傾向がある。
アメリカ・オーストラリア・イギリスをはじめ
ヨーロッパ圏は個人主義が強い。
インド・日本・ロシア・アフリカはその中間的位置づけとなる。

集団主義は個人の目標より集団の目標を優先し、
集団の必要性が満たされてこそ、
個人が幸せになるといった考えである。
義務や宿命を大切にし、何をすべきかという
制約の中で行動する傾向がある。
ヒンドゥー教のダルマ(法)とカルマ(業)の
影響が強くそこから派生した、
仏教・シーク教・ジャイナ教も同様である。
また儒教では孔子が親を愛する天命と
君主に奉仕する忠を大切にするよう説いている。
ヨーロッパではカールマルクスの資本主義への批判も、
集団主義の考えの重要性を示している。

個人主義は他者の目標よりも自分を優先し、
自分の人生は自分で切り開くべきだといった考えである。
自己の選択を大切にし、何になりたいかという
思考と行動の自由を重要視する。
歴史的には古代ギリシアの
ソクラテス・プラトン・アリストテレスから、
我思う故に我ありと説いたデカルト。
そしてプロテスタントの宗教革命や
ガリレオ・ニュートンの科学の前進も影響として大きい。
その後も支配からの脱却といった思想を元に、
ロックの普遍的人権や
経済的利己心・社会的利益を説いたアダム・スミスの国富論など
そうそうたる顔ぶれが個人主義の歴史には含まれる。

こうした集団に重きを置くほうが良いのか、
それとも個人に重きを置くほうが良いのか。
こうした議論は哲学・経済・心理学など様々な分野で、
未だに議論をされている。
日本においても集団主義と個人主義は
意見が分かれやすい所でもある。
組織の上層部は集団主義を通そうとし、
現場では個人主義での反発を行なうというのは
よく起こることである。
こうした中でジョン・スチュアート・ミルは
相手が害と感じるものをこちらが強制するよりも、
こちらが害と感じるものを許しあることが必要と述べている。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哲学・思想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1518-6af694cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。