Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

経験則の罠 

考えるにあたって人は
経験則(ヒューリスティック)に頼ることは多い。
経験則は時間を短縮させるために大切であるが、
経験則のには注意する必要がある。
経験則の罠とはどういったものがあるだろうか。

ひとつはフレーミングである。
経験則には感情的な要素が含まれやすいので、
ネガティブな考えであればネガティブ案が中心になりやすく、
またポジティブな考えであればポジティブな案が多くなる。
メリットとデメリットを考えるためには、
常にその案の反対側ももれなく考える必要がある。

また確認バイアスも気をつける必要がある。
自分の考えは自分自身で肯定しすぎる傾向がある。
この自己正当化に注意しなければ、
視野が狭くなってしまうことは否めない。

最後にトレンド印象の強さ
今の流行や印象の強さなどの要素も、
考えの偏りを作るひとつの問題となる。

考えるということは知識や経験をもとにした直感と、
考えの偏りを防ぐための理性が必要となる。
次回は考えるという行為を相手に促すために、
どういった声かけが必要なのかについて述べていく。
考えるということ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 心理学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1547-309061a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12