Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

セルフコントロールについて 

日常生活で姿勢から生じる問題として、
肩こりや腰痛がある。
しかしながら、姿勢を改善していくことはなかなか難しい。
ではどのようにして考えていけばよいのだろうか。

姿勢を常に意識していくのは現実的に難しい。
私は患者さんの求める目標によって
段階的に努力できるように促すようににしている。

考えたり選択するためには知識が必要である。
姿勢がどういった影響を及ぼすのか、
まずは知ってもらうことが導入では重要である。

次に知識はあっても実行できない段階では、
本人の訴えから目標を設定し、
その目標の達成のために
姿勢が関係することを認識してもらう。
「腰が痛くなければ、旅行に行けたのに。」
といった訴えであれば、
「長く座った時に今まで症状が悪化することが多かったです。
 またそういったときは腰部の筋肉の張りと、
 背骨の硬さが強くなっているので姿勢をよくすると、
 少しずつ腰の調子もよくなって
 旅行にいけるようになるかもしれませんよ。」
といった感じだろうか。

さらに実際に行動を起こすことが必要になる。
しかし、はじめから常に完璧な姿勢を
とり続けることは不可能に近い。

第1段階では症状が出たら、よい姿勢に戻す。
何かに夢中になっていたら症状に気づかないことが多いが、
頸や腰がだるくなってきた場合はその部分が丸くなっていると
体が教えてくれている状態である。
これを気をつけると症状が悪くなるのを防ぐことができる。

姿勢を戻すことで、症状をコントロールできることに
気づいているので、
モチベーションも少しずつ高まってきていると思う。
また不安も少しずつ減少してくることも多い。
第2段階ではさらに気がついたらこまめによい姿勢に戻す。
姿勢を正すのが難しければ頻繁に体操をするのもよい。
これができると少しずつ体の硬さも減少するため、
少しずつ自分で体の調子を良くすることもできる。

最後に第3段階では常によい姿勢を心がける
これはなかなか難しいことが多い。
モデルさんや女優さんなど姿勢が
その人の人生にも関わる場合なら可能だが、
そこまでモチベーションを保つことは困難だと思う。
完璧に症状をコントロールしようとすると、
完璧な姿勢が求められてしまう。

症状を完璧になくすというのは以上のことから難しいことである。
悪くしないようにするとか、
症状をほどほどのところにコントロールする程度であれば、
努力量も少なくすむことを認識してもらう。
その中で本人に選択してもらうことができれば、
能動的なリハビリテーションの介入に繋がるのではないだろうか。
姿勢の注意
関連記事
スポンサーサイト

Category: 治療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1549-c4f1eb19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。