Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

胸鎖乳突筋 

肩こりや頭痛などの症状をよく引き起こす、
頸板状筋・胸鎖乳突筋・僧帽筋上部が有名である。
原因としては外傷の他、
日常生活での精神的な緊張、
前屈みや片側に曲げ続けるといった不良姿勢、
リュックやハンドバックの使用などがある。
また胸式呼吸の習慣も関係すると言われる。

これらの筋の中でも胸鎖乳突筋は非常に特徴的な症状を生じる。
胸鎖乳突筋そのものが痛みを生じることはないが、
他の部位に痛みを出すことがある。
前頭部の痛みの訴えは胸鎖乳突筋によるものが多い。
胸鎖乳突筋は胸骨部ではの症状、
鎖骨部ではに関する症状を引き起こす。

まず胸骨部だが顔や飲み込み時の舌の痛み、
眼球深部の痛みの訴えがある。
またかすみ目、複視、色覚障害の他、
目の充血や涙、鼻水、
眼輪筋の緊張による眼瞼下垂などがある。

鎖骨部では耳の深部痛や奥歯の痛みの訴えがある。
あぶみ骨筋や鼓膜張筋の緊張に関与すると考えられ、
それが内耳の振動を阻害することになる。
脳が混乱した情報を送ることで、
めまいや吐き気といったメニエールと類似した症状を示す。

またこのほかにも重量感の認識障害、前頭部の冷や汗。
鼻や喉の分泌過剰による鼻水・痰や鼻つまり、
風邪や花粉症なども引き起こすことがある。
持続的な乾性の咳嗽は胸骨頭のリリースで、
症状が消失することがよく見られる。
胸鎖乳突筋
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1552-2d03a216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。