Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

ホイラーの法則 

プレゼンをより良いものにするために、
いくつかの方法があるが
今回はホイラーの法則について説明する。

ホイラーの法則では
 ・少ない言葉で
 ・身振り手振りの効果的な演出で
 ・どちらかの選択肢を聞き
 ・モノでなく相手のメリットを
 ・相手を思いやるトーンで話す

少ない言葉は多くの言葉よりもインパクトがある。
多くの言葉では限局した内容となる。
少ない言葉である程度の曖昧さがある方が
聞き手は、自分の様々な経験や知識と
結びつけやすくイメージしやすくなる。

身振り手振りの効果的な演出
相手の目を向けやすく、
またこちらの心を相手に伝えやすい。
体や空間を大きく使うことは、
相手に多くの影響を与えることになる。

どちらかの選択肢を聞くとは
二者択一法によるクロージング技法である。
人の心は肯定か否定どちらかに回る。
両者を提示しどちらが良いかといった話題は、
相手を説得するのには有効な手段となる。

モノではなく相手のメリットをとは
自分のプレゼンの素晴らしさを示すよりも、
この内容を知ることで本人に
どんな影響を与えるかを示したほうが、
より能動的な立場で話を聞くことになる。

最後の相手を思いやるトーンで話す
説得より納得のほうが大切である。
自分本位な話よりも
相手のことを考えた話のほうがよい印象を感じる。

要するに自分の作ったプレゼンや話を
いかに相手のために伝えられるかが大切ということである。
つい緊張や不安から自己本位の意識となりやすいが、
何を話したかではなく何が伝わったかが大切である。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 会話

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1556-6e0c3ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12