Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

プレゼン全体のシナリオライン 

プレゼンでは内容であるボディが大切であるが、
その前のイントロやその後のクロージングも大切である。
まずイントロでは聞き手を引きつけることがポイントとなる。
時間は短時間で全体の10%程度なので
インパクトや気になる話が重要である。

ではイントロについて説明する。
まず挨拶・自己紹介で自分の特徴や
聞き手のメリットを伝える。
そして感謝の気持ちを伝えることも、
聞き手が聞きたいなと思うきっかけにつながる。
次にアウトラインやテーマと背景について。
プレゼン作成の背景や内容の概要、
メリットと結果について説明する。
そしてイントロの最後はフックになる部分。
いわゆるつかみの部分である。
つかみは別に相手を笑わせることだけではない。
意外な事実という驚きや
みじかなエピソードによる共感、
そして質問による参加意識など
フックには様々なパターンがある。

クロージングではまとめの部分である。
現実の課題と提案と未来予測
そして判断を促すといった流れになる。
まとめによる結論から
すかさずフォローのための質疑応答に移る。
質疑応答の時間はとても重要である。
全体の2~3割りを使い、行動に促すフォローを行う。
イントロで引き付け、ボディで聞き手のハートを掴み、
クロージングですかさずフォローをするイメージである。

時間的な割合としては内容に20分、
デモや事例に20分、質疑応答に20分として、
60分を目安に行うとバランスが取りやすい。
プレゼンについて
プレゼンについて4
永田豊志:プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術 .中経出版,2015
関連記事
スポンサーサイト

Category: 会話

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1559-f751844a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12