Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

深い視点とは 

現実的な要素では困っていることが、
どういったことなのかを確認し、
より深く掘り下げアプローチにつなげていく。
そのために必要なのが深い視点である。
有痛性の疾患である場合は、
どういった動作が困っているのかを確認し、
その動作を実際に行ってもらい分析していく。

分析のコツとしては正常動作からの逸脱が
大きいかどうかがわかりやすい。
何が正常かについては様々な議論があるのだが、
動作を見ていく中で正常から逸脱した動きがある場合は、
正常な動きに修正して何らかの症状があるかを確認する。
そこで疼痛が誘発される場合は、
疼痛が生じるから正常動作が行えず、
疼痛に対する代償動作を生じていることが確認できる。

その他の症状が誘発されればこの後の検査につなげていく。
また動作の中ではどこに痛みがあるのか。
どこの部位に動きが少ないかが重要なポイントとなる。
動作では痛みが出ている部位に
動きが生じたときに疼痛が出現しやすく、
その周辺の筋や関節の動きが硬くなっている場合が多い。
アプローチのひとつの考え方として、
痛みの出る部位の動きが過剰にならぬように、
周辺の筋や関節の動きを改善することが重要となる。
さらに評価として関節運動の過剰運動性と過小運動性の評価をし、
筋に対して過緊張と低緊張を評価する。

アプローチを行う前の評価として、
広い視点と狭い視点をどのように使い分けるのか。
使い分けることでより有効な情報収集が行えるのではないだろうか。
関連記事

Category: 評価

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1563-2929d5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。