Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

外来患者の主訴別内訳 

外来患者の訴えは様々である。
Jetteの報告によると
PTクリニック受診の61%
筋骨格系疼痛症候群である1)とのことだ。
 ・25%腰痛
 ・12%頸部痛
 ・12%肩関節痛
 ・12%膝関節痛や股関節痛

当院の外来患者の運動器での
運動療法指導処方のあった792名の内訳においても
 ・36.3%腰痛
 ・19.6%肩関節痛
 ・16.6%膝関節痛
 ・ 9.0%頸部痛
 ・ 6.0%股関節痛
 ・12.5%その他
となっている。これはPTクリニックにおいて
筋骨格系疼痛症候群の患者の多さと、
腰痛患者の内訳の多さを物語っている。
非常に多くの評価や治療法・考え方のある腰痛に対して
どれだけ効果的で個別的なアプローチを提供できるか。
私たちに与えられた使命と言っても
過言ではないのではなかろうか。

1)Jette AM,DavisKD:A comparison of hospital-based
 and private outpatient physical therapy
 practices,Phy Ther 74:366,1991
関連記事
スポンサーサイト

Category: 研究

TB: 0  /  CM: --

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/345-e78c8d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。