Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

長下肢装具を用いた装具療法 

長下肢装具を使うことで
麻痺側の使用頻度は増加する。
歩行能力が向上するだけでなく
麻痺側下肢機能や荷重連鎖で
股関節-体幹機能の改善も期待できる。

起立着座訓練では
歩行能力の改善のための有用な練習である1)。
(脳卒中ガイドライングレードA)
荷重感覚の入力を行うことが可能。
装具により自由度の制限を設定し、
難易度の調節を行うことができる。

立位訓練では
下腿・骨盤の動揺が生じる時は
ダブルクレンザック足制限を行なう。
股関節・膝関節伸筋群を働かせる場合、
膝屈曲位で行うとよい。
上肢の支持は最小で行う2)。

重心移動訓練は
骨盤帯を前後・左右に動かす。
非麻痺側下肢を挙上し麻痺側荷重を行う。
股関節周囲筋と体幹筋の運動制御を行う。
近位筋は同側性支配を受けているので
遠位筋より改善しやすい。
随意運動だけでなく無意識での荷重訓練は重要。
足部への刺激が重要となるため、
可能であれば足関節の制限はないほうがよい。

体幹・股関節安定化訓練は
大腰筋を働かせ体幹を垂直位に保ちながら
股関節伸展のバランスをとる。
骨盤帯の前傾3)が重要となる。
非麻痺側の上肢の屈伸・内外転運動。
代償動作に注意することで体幹・股関節の安定性を得る4)。

ステップ訓練は
非麻痺側のステップと麻痺側のステップで
それぞれ求めるものが変わってくるが、
非麻痺側のステップでは重心が
前方に落ちる感覚を認識することと、
麻痺側の股関節の伸展と足関節の
背屈運動を促すことができる。
足関節がフリーであれば股関節の外旋位を
制限することが必要である。
麻痺側のステップでは
ポイントとしてヒールロッカーから
立脚初期をスムーズに移行することである。
尖足が強い場合は膝継手の
ダイアルロックを軽度屈曲位にする。
(伸展パターンの抑制・下腿三頭筋の緊張低下)
背屈制限がある場合は、補高を利用することもある。

長下肢装具は歩行能力を向上させるだけでなく、
運動療法による効果も期待できる。
回復に対する予後予測や目標設定は明確にすることで
効率的で効果的なリハビリテーションを遂行することができる。

1)脳卒中合同ガイドライン委員会:脳卒中治療ガイドライン
 2009,協和企画,2009
2)Carr JH,et al,潮見泰臟,他(訳):歩行,脳卒中の運動療法-エビデンスに
 基づく機能回復トレーニング,pp64-105,医学書院,2004
3)吉尾雅春:脳血管障害の理学療法介入におけるクリニカルリーズニング.
 PTジャーナル43:107-113,2009
4)Lee D:The Thorax:An Integrated Approach,pp102-135,
 Orthopedic Physical Therapy Products,Edmonton,2003
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/580-3839c4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。