Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

装具のアルゴリズム 

装具選択に関しては非常に迷うところも多い。
様々な障害が混在する中で
どのような装具選択が有効であるか
どこにポイントをおけばよいか難しいところである。
河津1)は下肢装具のアルゴリズムを提唱しており
選択の目安になると思うので紹介する。

まずBrunnstrom Stage(以下BRS)2以下であって
 ・意識障害
 ・高次脳機能
 ・Pusher現象
 ・麻痺側片脚立位可能
(手すり保持)が不可能な場合
  (反張や軽度屈曲位はOK、膝折れは不可能とする)
の場合、KAFOを選択する方が安全である。

またBRS3以下で上記の問題がない場合は
AFOを選択する。

KAFOの場合、SPEX膝継手付きか
Ring lock膝継手付きかの選択については
 ・大殿筋・大腿四頭筋収縮
 ・指示理解(短文レベル)

が可能であればSPEX膝継手付き
上記が困難な場合はRIng lock継手付きを選択する。

またカットダウン基準としては
 ・臥位:SLR可(屈曲共同パターンでも良い)
 ・立位:麻痺側荷重でも立位保持可能(過伸展もOK)

AFOの場合、金属支柱付きAFOか
金属支柱なしAFOかの選択は
 ・痙性
 ・感覚障害
 ・反張膝

のひとつでも重度のものがある場合や
非麻痺側片側率位が15秒以上が不可な場合は
金属支柱付AFOを選択する。
 ・痙性
 ・感覚障害
 ・反張膝
が中等度からなしの場合や
非麻痺側片側率位が15秒以上可能な場合は
金属支柱なしのAFOを選択する。

要約するとBRS2以下の場合KAFO
BRS3以上の場合AFO
 さらにUSN、Pusher、意識障害があればKAFO
麻痺側片脚立位で膝折れがある場合KAFO
膝折れがない場合AFO場合が多い。
当然、装具選択の際は個人の特性も考慮必要があるが
大まかな目安になるのではなかろうか。

1)河津弘二 他:長下肢装具による脳卒中片麻痺患者の
運動療法の取り組み,PTジャーナル45:209-216,2011
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/581-cedfdaa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12