Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

脳卒中片麻痺患者の歩行速度 

脳卒中片麻痺患者のの歩行の特徴は
歩行速度の減少であり、
通常歩行速度の20%未満となることが多い。
この歩行速度の減少には異常歩行との関連が
要素として大きいと考えられている1,2)。
異常歩行では
 ・extension thrust pattern
  立脚期の膝の過伸展
 ・buckling knee pattern
  立脚期の膝の屈曲

が多く見受けられる1)。
また6ヶ月後の歩容の分類でも同様のパターンは
多く見られ2)異常歩行は歩行において
長期にわたって大きな影響を与えることが伺われる。

異常歩行では歩行速度が減少するが、
1mあたりの酸素消費コストが
健常者の25%上昇することも示されている3)。
また片麻痺患者は最大酸素摂取量も
低下していることが多いことから
歩行速度減少の一因となっているも推測される。

1)De Quervain IA,et al:Gait pattern in the early
 recovery period after stroke.J Bone Joint Surg
 Am 78:1506-1514,1996
2)Mulroy S,et al:Use of cluster analysis for gait
 pattern classification of patients in the early and
 late recovery phases following storoke.Gait
 Posture 18:114-125,2003
3)Waters RL,et al:The energy expenditure of normal
 and pathologic gait.Gait Posture 9:207-231,1999
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 5

top △

この記事に対するコメント

はじめまして.
昔の記事に失礼します.

>脳卒中片麻痺患者のの歩行の特徴は
>歩行速度の減少であり、
>通常歩行速度の20%未満となることが多い。

とは,どの文献で言われていることでしょうか.1),2)の中にもありますか?

月川 #- | URL | 2012/09/09 16:26 * 編集 *

Re: タイトルなし

すみません記憶が定かではないのですが
1)2)の中にあったような気がします。
少し資料を探してみますので
もしあれば再度書き込ませていただきます。

藤原大輔 #- | URL | 2012/09/09 21:33 * 編集 *

すみませんありがとうございます.自分でもこの文献から探してみます.

月川 #- | URL | 2012/09/09 23:58 * 編集 *

Re: タイトルなし

いえいえ。私の方も探してみます。
どこだったかな〜・・・。

藤原大輔 #- | URL | 2012/09/10 21:55 * 編集 *

Re: タイトルなし

文献見つかりませんでした。お役に立てずに申し訳ありません。
また何かありましたらご質問下さい。
次こそは期待に添える様がんばります。

藤原大輔 #- | URL | 2012/09/14 22:18 * 編集 *

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/583-f174b466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。