Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

仕事に必要なメンタルコントロール 

仕事での人間関係というのは難しい。
個人個人がそれぞれ違う能力や価値観であり、
それぞれが肯定し合わなければ
組織としての機能は著しく低下する。
一人の個人が自由の価値観を
過剰に持てば平等性は失われる。
また平等性を重視することで自由は阻害される。
こういった環境の中で協調性を保つためには
組織の管理と個人の能力のバランスが必要となる。

仕事では自己だけの意識でなく、
他者環境との適応が重要になる。
仕事は言われたことを行うだけでなく
問題が生じたときにどう対処するかが必要である。
いわゆる問題解決型の思考である。
これは何か問題が生じたときに
誰が悪いかを決めるのではなく、
「どうすれば良いか。」を考え
実行することに他ならない。

問題解決型の思考をする上で
まずはメンタルをコントロールすることからはじめる。
メンタルコントロールは社会人として大人として
最も優先順位の高いスキルである。
メンタルコントロールが困難であれば
理性による「考える」行動が阻害されるだけでなく、
他人を責めたり、自分を責めたりする
不適応行動を誘発しやすい。
まず自分のストレスの症状を把握する。
イライラするタイプなのか落ち込むタイプなのか把握し、
ストレス発散をうまく行っていくことと、
余裕がない状態なら考え方でバランスをとる。
イライラするタイプの人は
自分主体の予測を立てるのをやめ、
相手だったらどう考えるか、
相手側の精神性に意識を置くようにする。
落ち込むタイプの人は自分がどうしたいのか。
自分の現実性に意識をおくようにする。

メンタルコントロールができるようになったら
今度は問題に対して行動を起こす。
行動については問題を様々な視点から挙げ、
優先順位の高いものを詳細に分析し分解、
行動するものを具体的に選択する。
再び行動を変化させ実行し結果が
どう変わるか検証していく。

常にこれらの要素を意識しながら
仕事を行うのは現実的には不可能だろう。
自分の苦手な部分を意識するようにしたり、
失敗して前に進まなくなったときに
これらを見直してできていないところを
気づくなどの使い方が妥当であろう。
また頭で理解していても、
いつものやり方に戻ってしまうことはよくある。
それは習慣やクセというものを
直すことの難しさが原因だ。

繰り返すことで新たな習慣をつけることと、
やり方を変えることでの変化に
うれしさや喜びなどの
快刺激を認識することが大切である。
失敗して自信のない時は悪いところばかりが目につき、
いいところには目がいきにくくなる。
自分の良くなったところを見つけ、
快刺激を感じることで習慣やクセは変わりやすくなる。
今の現状に不満を感じる場合、
変化が必要なのは他者や環境ではない。
自分自身を変化させることで自信をつけ
様々な環境に適応する能力を手に入れる方が
よっぽど簡単なことなのである。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 仕事の戦い方

TB: 0  /  CM: 1

top △

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2011/12/19 10:16 * 編集 *

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/585-0e5b2a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。