Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

実習の学生の心構え 

学生の心構えとして大切なのは「疑問を持つこと」である。
人間が考えるきっかけは嫌なことに対処する時ではなかろうか。
人間に組み込まれている防衛本能は
自分を危害から守るときに働くものである。
大きな失敗を経験することもなく、叱られることもなかった場合
考えるという能力や自己表出能力というものが
低下していることが多い。
その点は当たり前だと思っている世代間とのギャップも
臨床実習教育を難しくしているのであろう。

また臨床場面で患者のことを考えるとき
全体的な視点を持つということが大切である。
学校教育ではどうしても細かな専門知識を学習するため
患者の視点も細かで詳細な部分のみに偏ることが多い。
人間はさまざまな要素の集合体で全体をみることで
初めてその人という全体像が見えてくる。
目の前の患者の価値観や思想、どういったNeedsがあり
障害がどのように関係しているのか。
検査や結果が患者の生活にどのように影響するのか
こういった関連性は非常に大切な部分となる。

患者は関節や筋肉ではない。
患者の生活の支障を改善するために
身体の部分をみていることを忘れないことが大切だ。
患者をヒトとして診ることとカラダとしてみること。
両者が統合されてこそ
リハビリテーションと言えるのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 教育

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/595-94bdd0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12