Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

福祉用具の対象 

介護保険によりさまざまな福祉用具が利用できる。
しかし福祉用具のは購入対象のものと
レンタル対象のものとに分かれ、
混乱してしまう事が多いのではなかろうか。
今回は購入対象のものとレンタル対象のものを
分類し記載していきたいと思う。

購入対象のものは
 ・腰掛け便座
 ・特殊尿器
 ・入浴補助具(入浴用椅子,浴槽内椅子,浴槽手すり,移乗台,
  洗い場すのこ,浴槽内すのこ)
 ・簡易浴槽
 ・移動用リフトのつり具部分

排泄に関わるものと入浴に関わるものは
購入対象となっている。
水が関わるものに関しては不潔になりやすく
レンタルは困難だという事からなのだろう。

レンタル対象のものは
 ・車いす(自走・普通・介護)
  (車いす付属品:クッション,電動補助,テーブル,ブレーキ)
 ・手すり(工事を伴わないもの)
 ・スロープ(工事を伴わないもの)
 ・歩行器
 ・杖(松葉杖,カナディアン,ロフスト,多点杖)
 ・特殊寝台
  (特殊寝台付属品:サイドレール,マットレス,
  ベッド用手すり,テーブル,スライディングボード)
 ・床ずれ防止用具(空気マット,エアゲル,シリコン,ウレタンマット)
 ・体位変換機 
 ・認知症老人徘徊感知器
 ・移動用リフト(床足・固定・据置き)

患者本人や家族のニーズを掴む事ができれば、
道具の購入やレンタルが可能だという
情報を提供する事ができる。
日頃から生活の事や日常会話を行う事で
これらの情報を的確に把握し
情報提供をすることが可能なのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 環境

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/618-78faf402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12