Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

福祉用具の選択 

<住宅改修編>

玄関で靴の着脱が困難
 →玄関台やステップ、玄関椅子

わずかな段差で転びそう
 →段差解消スロープ

家の中で体を支えるものがないと不便
 →手すり
  玄関、トイレ、台所、階段など
  移動する場所に。

階段の昇り降りが不安
 →滑り止め防止マット


<購入対象の福祉用具編>
~トイレ関連~
トイレまでの距離が長い
 →ポータブルトイレ

和式のトイレが使いづらい
 →取り付け式洋式便座

~入浴関連~
浴室で体が洗いにくい
 →シャワー椅子
浴槽に入るのが不安
 →取り付け式の手すり、移乗台
浴室や浴槽で滑らないか心配
 →洗い場すのこ、浴槽内すのこ、滑り止めマット
座ったままシャワーができれば
 →シャワーキャリー

<レンタル対象の福祉用具編>
~歩行補助具関連~
長距離歩けない、歩くのが不安
 →車いす
  乗り心地、座り心地、操作性

一人で歩いたり外出が不安
 →杖

足下がいつも不安定
 →歩行器
  室内外の用途により選択

段差を上がる事ができない。車いすが通れない
 →簡易式スロープ(工事を伴わないもの)

~ベッド関連~
自分で思うように起きる事ができない
 →特殊寝台
床ずれが心配
 →床ずれ防止用具、体位変換機
ベッドからの移動が大変
 →移動用リフト

このように何に困っているかで
選択する道具が変わってくる。
しかし本当に本人に合っているか道具かは
環境や患者の背景を
細かく確認していかなければわからない。
知識は相手のニーズと一致して
はじめて意味をなすのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 環境

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/619-e162f4be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12