Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

メタボリックシンドローム 検査 

メタボリックシンドロームを確認するためには
いくつかの検査を行う。

動脈硬化の関係する4つの検査は
腹囲・血圧・脂質・血糖である。
(腹囲に関しては異論が多い。)
腹囲は男性85cm以上、女性90cm以上とされている。
正確にはCTにて内臓脂肪が100㎠以上とされる。
血圧130/85mmHg以上とされる。
一般的に内臓脂肪が多い人は血圧が高くなりやすい。
脂質は中性脂肪150mg/dl以上または
HDLコレステロール40mg/dl未満。
血糖は空腹時血糖100mg/dl以上または
ヘモグロビンA1Cが5.2%以上。
内臓脂肪はインスリンの抵抗性を上げる。

こうした検査によりメタボリックシンドロームが
確定される事になる。
メタボ=太っていると苦笑いになる事が多いが
脳卒中や心疾患の引き金にならないよう
しっかりコントロールしていく必要がある。
関連記事
スポンサーサイト

Category: メタボリックシンドローム

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/641-a711da37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12