Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

血管疾患の治療 

血管は物質の輸送網であり
体のライフラインである。
よって血管が障害されれば
脳・心臓・腎臓などの血管の影響の強い
臓器が障害を受けてしまう。
高血圧の影響を受けやすく、
心臓高血圧高脂血症の影響を受けやすい。
また腎臓高血糖による影響を受ける。
血管は喫煙との関係も大きく、
喫煙習慣は血管に影響を与え障害を誘発する。

血管疾患は段階的に進行していく。
まず第一段階は高血圧・高血糖・高脂血症
が出現する。いわゆるメタボリックシンドロームだが
これらは無症状のまま進行するため気付きにくく、
サイレントキラーとも呼ばれる。
第二段階になると動脈硬化が進んでくる。
 1.プラーク(粥状)の付着
 2.はがれる際に血管傷
 3.回復のために血小板増加
 4.血栓の形成      といった変化が生じる。
第三段階になると実際に血管が詰まってしまう。
脳が詰まれば脳梗塞、心臓が詰まれば心筋梗塞である。
心臓は狭くなった(冠動脈・冠状動脈)状態を狭心症、
詰まった状態を心筋梗塞という。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 医療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/657-f5d384f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12