Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

高血圧の治療 

高血圧の治療は2段階ある。
第一段階は生活習慣の修正。
第二段階は薬の使用である。

第一段階の生活習慣の修正
減塩:塩分は血圧を高める。1日6g以下。
減量:4~5kg減少で血圧5~10mmHg減少。
運動:有酸素、血管拡張、リラックス
節酒や禁煙

第二段階の薬の使用
利尿剤と血管拡張剤の2つがある。
利尿剤は塩分や水分を尿で排出するため
結果的に血圧が減少する。
血管拡張剤は血管の収縮を抑える。
カルシウム拮抗剤、ACE阻害薬などがある。

薬の種類
利尿剤
尿量を増やしナトリウムを減少させ
血圧を減少させる。
・ナトリックス
・ラシックス
・ダイアート
・アルダクトンA
・フルイトラン

ACE阻害薬
血管を収縮させるアンジオテンシン2が
作られるのを抑えることで降圧を図る。
・コナン
・ロンゲス
・タナトリル
・レニベース
・カプトリル

ARB
アンデオシン2の働きを遮断する
・プロプレス
・ディオバン
・ミカルディス
・ニューロタン

Ca拮抗剤
血管を拡張させて降圧を図る
・アダラート
・ノルバスク
・バイロテンシン
・アテレック
・サブレスタ
・ヘルベッサー
・ニバジール

α遮断薬
交感神経のα作用を遮断。
血管拡張で降圧を図る。
・カルデナリン
・エブランチル

β遮断薬
心臓の働きを抑えることで降圧を図る
・デノーミン
・セロケン
・メインテート
・インデラル
関連記事
スポンサーサイト

Category: 医療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/661-dae93294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12