Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

2型糖尿病の生活習慣と経時的変化 

糖尿病の多くはこの2型糖尿病である。
この2型糖尿病では生活習慣の
関係も大きいとされている。

飲酒・喫煙・肥満・筋肉量の低下が生じると、
代謝異常、血糖上昇により膵臓がフルパワーで
活動しなければならなくなる。
過剰な糖に対してSOD酵素が取り込まれ、
抗酸化作用も低下する。
膵臓疲労、活性酸素大量発生、
抗酸化能力低下の悪循環。
これらの影響により糖尿病が進行し、
合併症の発症や悪化が生じる。
最悪の場合は糖尿病合併症により
失明・人工透析・下肢の壊死による切断、
脳梗塞・心筋梗塞になってしまう。

無症状で進行していく糖尿病。
そのため生活のコントロールが難しい。
自分だけは悪くならないと思うのが人間である。
習慣を変えることは非常に難しい。
なんらかの理由をつけてついそのままにしてしまう。

習慣を変えるためには
嫌な刺激気持ちよい刺激が必要。
痛みも何もない糖尿病は嫌な刺激が少ない。
医者や家族に叱られる程度であろう。
それ以上の快感が得られるのならば
それくらいのリスクは受け止めてしまうだろう。
習慣を変えることによる気持ちよい刺激とはなんだろうか。
同じように医者や家族に褒められることも
気持ちよい刺激かもしれないが
快感の感じ方は個人差がある。
自分自身が習慣を変えることによって
どのように良い刺激を解釈するか。
そういった点で本人の力は大きいのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 医療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/663-56ed9da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12