Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

頸部に関連する頭痛 

頸椎捻挫など頸椎に問題が生じた際、
アプローチが迷うのは頭痛がある時ではないだろうか。
頸椎に障害が起きて生じる頭痛は大きく分けて2つある。
筋緊張型頭痛と片頭痛だ。
しかも対処と考え方が違うので
きちんと把握しておかなければ指導やアプローチが
逆に頭痛を強くしてしまうことになる。

筋緊張性頭痛は字の通り
筋肉が緊張することが頭痛の原因である。
姿勢や動作、精神的な緊張などによって生じやすく
マッサージや入浴によって軽減する。
重い感じや頭を締め付けられるような感じと
表現されることが多い。

片頭痛は血管が拡張し神経が圧迫されることにより
生じると言われている。
セロトニン学説では脳がストレスを感じると
大量のセロトニンという物質が放出される。
このセロトニンは血管を収縮させる働きがある。
しかし時間の経過とともにセロトニンが分解されると、
今度は血管が一気に拡張することで
頭痛が生じるというものである。
他には三叉神経血管説がある。
三叉神経は脳血管の太い血管の周りを取り巻いており、
刺激を受けやすいとされている。
三叉神経が刺激されると神経ペプチドが分泌され、
これが炎症と血管拡張を引き起こす。
これが頭痛の原因になるというものである。
入浴やマッサージで逆に悪化。
冷やすと一時的に軽減することが多い。
音や光に反応。吐き気も誘発されることがある。
ズキズキやガンガンなど脈を打つような痛みと表現される。
空腹や寝不足・寝過ぎなどが誘発する要因となる。

筋緊張性頭痛は血行が改善する方が楽になり、
片頭痛は血行が良くなると悪化する。
これが2つの頭痛の大きな違いであり注意が必要である。
血管収縮作用があるものとして
チーズ(アミン)、チョコレート(フェールチラミン)、
みかん(オクトアミン)、コーヒー(カフェイン)があるが
反動で血管拡張するのであまり摂取しない方が望ましい。
また血管拡張作用があるものは
ソーセージ(亜硫酸ナトリウム)、赤ワイン・バナナ・
たらこ(チラミン)、うまみ成分調味料
(グルタミン酸ナトリウム)などがある。
ソーセージはホットドック頭痛。
うまみ成分調味料は中華料理症候群としても有名だ。

また頭痛をやわらげる食べ物として
マグネシウムが挙げられる。
マグネシウムが不足すると
ストレスがたまりやすく疲れが易くなる。
血管の痙攣や痛みに敏感になるなどの症状も誘発する。
あさり、納豆、イワシの丸干しなどに多く含まれる。

アプローチでは筋緊張性頭痛に関しては
筋の緊張を軽減させることで頭痛が減少することも多い。
片頭痛では睡眠やストレスの関与が大きいため、
心理的なアプローチも有効である。
また胸椎・肋骨の可動性の改善も
呼吸や睡眠に影響を与えるため効果的なこともある。
ただ血管拡張が誘発され頭痛が増強する可能性もあるため、
アプローチ前にしっかり患者に説明しておく必要がある。
アプローチに対する不安に繋がることがあるため。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 頸椎

TB: 1  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/678-918d270e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おかねのなるき | 2012/03/18 09:45

top △

2016-12