Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

正常呼吸音の分類 

正常呼吸音は
気管呼吸音気管支呼吸音
肺胞呼吸音に分類される。

気管呼吸音では
声門が発生源である。
音は荒く・大きく・高い。
吸気:呼気=1:1、
音は呼気の方が大きい。

気管支呼吸音では
太い気管支での乱流が発生源である。
吸気:呼気=1~3:1で呼気の方が若干大きい。
肺胞呼吸音に比べて大きく高い。

肺胞呼吸音では
肺胞内に空気が流入する際に生じる。
音は最もソフトで弱く低い。
吸気:呼気=3:1で吸気の方が大きく、
呼気は短く弱く低い。
音が小さい場合他の肺野より
換気が低下している疑い。

気管呼吸音と気管支呼吸音は
呼気の方が音が大きく、
肺胞呼吸音は吸気の方が音が大きい。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 内部障害

TB: 1  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/736-7b957eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【正常呼吸音の分類】

正常呼吸音は気管呼吸音、気管支呼吸音、肺胞呼吸音に分類される。気管呼吸音では声門が発生源である。音は荒く・大きく・高い。吸気:呼気=1:1、音は呼気の方が大きい。気管支呼吸音では太い気管支での乱流が発生源である。吸気:呼気=1~3:1で呼気の方が若干大きい。...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/09 02:31

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。