Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

運動療法の開始と離床のチェックポイント 

呼吸器疾患がある場合、運動療法開始や
離床のタイミングは難しい。
早い段階で進めていくことは後々の廃用症候群を
予防するためには重要だが、リスク管理もはずせない。
日々症状が変化する患者の場合も、
迷うところである。

具体的なチェックポイントを以下に示す。
チアノーゼ出現、呼吸補助筋の緊張亢進、呼吸数増大、
呼吸困難感、めまい・ふらつきの出現などである。
これらは他覚的症状として容易に確認できる。
また収縮期血圧の低下、喀痰貯留・喀出困難、
SPO2の低下とパルスオキシメーターの
脈波検知不可なども重要である。
これらが出現するかどうか否かや程度を確認する。

また再評価としてこれらを確認しておくことが
症状の改善や悪化を見る一つの目安となる。
またその他に呼吸パターンや喀痰量や色、性状、
ボルグスケールや症状出現時の運動強度などを
加えて確認する。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 内部障害

TB: 1  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/748-f4fb6e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【運動療法の開始と離床のチェックポイント】

呼吸器疾患がある場合、運動療法開始や離床のタイミングは難しい。早い段階で進めていくことは後々の廃用症候群を予防するためには重要だが、リスク管理もはずせない。日々症状が変化する患者の場合も、迷うところである。具体的なチェックポイントを以下に示す。チアノー...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/21 02:20

top △

2016-12