Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

イメージのつくり方 

運動を行う前にイメージを行うことは非常に有用だ。
慣れていない運動の習得を短い時間で可能にする。
まず慣れないうちは外的イメージになることが多い。
それは自分を外側から眺めているイメージで
プロの動きをテレビで見ているものと似ている。
そこではポイントがどこなのか。
それから瞬きはせず目はできるだけ開けて(薄目で)
行う方が有効とされている。
目をつむることでイメージがリセットされやすい。

少しずつ外的イメージに慣れてきたら
今度は内的イメージに切り換える。
実際に運動に繋がるイメージは
内的イメージの方が大きい。
内的イメージとは体の感覚や動きの順番、
スピードなどの体の感覚のイメージになる。
外側から自分を眺めているのとは違い
自分そのものを内観している状態である。

またこれらのイメージトレーニングは
初心者では運動を行う前に効果的で
上級者になれば後に行うトレーニングが効果的である。
イメージトレーニングは鮮明なイメージが
できるようになればなるだけ時間が長くかかる。
こうしたとレーニンングは運動行動の習得だけでなく、
本番前の不安の軽減にも有効である。
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 1  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/786-9d7874f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【イメージのつくり方】

運動を行う前にイメージを行うことは非常に有用だ。慣れていない運動の習得を短い時間で可能にする。まず慣れないうちは外的イメージになることが多い。それは自分を外側から眺めて...

まとめwoネタ速neo | 2012/06/24 00:46

top △

2016-12