Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

膝の内側部の痛み 

変形性膝関節症。
レントゲンでは膝の左内側裂隙の狭小化が認められる。

歩行は立脚初期に左膝のラテラルスラストが認められる。
立脚初期に痛みが生じ部位は内側裂隙。
また鵞足部にも疼痛の訴えもある。

立脚初期の左膝ラテラルスラストが
内側裂隙の圧縮ストレスと
鵞足付着筋への牽引ストレスに
関与している可能性示唆。

歩行をもう少し分析すると
左側立脚では外旋のモーメントが大きく、
内旋モーメントが機能していない。
立脚期の内旋モーメントが機能するためには
 ・第1中足骨は屈曲
 ・足部外返し(内反)
   (横足根{ショパール}関節;
    斜軸で回内、縦軸で回外)
 ・遠位脛腓関節では腓骨の挙上・内旋・開
 ・下腿の内旋
 ・股関節の内旋
 ・骨盤の前傾
が必要になるが足部の外返しが生じておらず
そこから内旋モーメントは上部に連鎖していなかった。
評価ではショパール関節のjoint play減少、
股関節は外旋筋が内旋筋と比べ優位であった。
他の部位には大きな問題は認められなかった。

アプローチではショパール関節のモビライゼーション。
股関節内旋筋の促通と外旋筋の緊張抑制。
また歩行時には外果に意識をしてもらい
内旋モーメントをわずかに促す。

アプローチ後は立脚初期のラテラルスラストは軽減。
内側裂隙の疼痛と鵞足部の疼痛も消失した。

変形性膝関節症そのものは骨性の変化に起因するものだが
アライメントの不整は床反力ベクトルを
関節のストレスにしてしまう。
運動連鎖を意識したアプローチは
疼痛部位そのものにアプローチをするのではなく
全体の運動を考えて行っていく。
関連記事
スポンサーサイト

Category: ケーススタディ

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/803-fdb2ad0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。