FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

肩関節の評価 

肩関節のでは
 ・肩甲上腕関節
 ・肩鎖関節
 ・胸鎖関節
 などの解剖学的関節と
 ・第2肩関節
 ・烏口鎖骨間関節
 ・肩甲胸郭関節
などの機能的な関節と分かれる。
肩関節の運動を評価するときは
自動運動・他動運動で確認するとともに
肩甲骨を固定した状態での評価。
肩関節の下垂位での1st
肩関節の外転位での2st
肩関節の屈曲位での3st
などで可動域を測定する。

評価の前に確認しておくべきところは
骨盤と脊椎、頸椎と頭蓋が
左右対称の位置にあるかどうか。
これがズレていると可動域そのものの信憑性が
乏しくなってしまい、効果判定も誤差が起きてしまう。
また脊椎の可動域に制限がある場合は
これらの動きの代償として肩関節に負担がかかったり、
姿勢が崩れることで肩関節に負担がかかるため
まず一番に見ておくところとなる。

次に背臥位の際に肩甲骨がベッドにつくかどうか。
このBed-Acromionの距離として測る。
また可動域測定の際、肩関節は内転と内旋で
体幹が邪魔をして(上肢が体幹に当たる)測定しずらい。
内転角度は肩甲骨の上方回旋で測定、
内旋は30°屈曲位で測定するなど
工夫をすることで体幹による制約を回避することができる。

評価では関節の角度を測ることで障害の度合いと
アプローチの効果判定の情報を得る。
そして脊椎の問題、背臥位で肩甲骨がベッドにつくかが
まず第1の問題点となる。(肩甲上腕関節を動かす準備)
次に内転と内旋の可動性を考慮する。
特に内転が0°いかない場合は
就寝時でも肩甲上腕関節の筋・靭帯・関節包にストレスがかかる。
そのため筋の緊張が抜けず夜間痛を生じてしまう。
こうした問題は睡眠障害を誘発し、
心理面にも悪影響を及ぼし
障害をさらに複雑なものにしてしまう可能性もあるため、
早期のアプローチが必要である。
関連記事
スポンサーサイト



Category: 肩関節

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/820-f4cddc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2020-06