Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

筋力についての歴史 

筋力については
Delormeの漸増抵抗運動、
MullerとHettingerの等尺性運動。
これが筋力増強訓練の概念の
基礎になったと言っても過言ではない。
そして過負荷の原則(Overload principle)
も有名なところである。

歴史としての大きな流れは
1期(1950〜1960年)
 荷重下の運動の弊害を提唱し個々の筋の
 最大筋力の向上を目的としたのがDeLormeである。
2期(1970〜1980前半)
 個々の患者の症状に応じて細かな適応を重視する
 流れになってきた。
3期(1980年後半〜)
 パフォーマンスの目的を捉え直すべき。

こうした当時では常識であった考え方も、
時間とともに変化していくものである。
今あまたりまえだと思っているものが
いつ覆るのかはわからない。
大切なのは結果が出るのかどうか。
そして本質を外れていないかどうかである。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 筋力

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/823-9a2ff543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12