Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

ユングの類型論1 

「あの人は内向的だ。」などという言い方はよく耳にする。
この"内向ー外向"の概念を作った人が
スイスの精神医学者であり
分析心理学という理論体型をつくったユングである。

ユングは人間は根本的に2つの心の態度があるとし、
自分自身に関心の高いものを内向型
他者や周囲の物事に関心の高いものを外向型とした。
これは私たちが通常使用している
内向型=おとなしく陰気。
外向型=明るく活発。
といったイメージとは少し違ったものである。

これらをもう少し細かく分析すると
内向型基本的特徴
悲観的でもの静かであり
心的エネルギーが自分の内面に向かう。
行動は自分がどう思うかを基準に選択する。
感情を表に出さない。
思慮深いが実行力がないため他人に従うことが多い。
新しいことになじめず不器用。
対人関係では
引っ込み思案で交際範囲は狭い。
他人の意見に対し批判的。

外向型基本的特徴
楽天的で活発。
心的エネルギーが現実に向かう。
行動は他人がどう思うかを基準に選択する。
感情を表に出す。
実行力があるが失敗も多い。
環境適応能力が高い反面、
時流に流されやすい。
対人関係では
他人の意見に影響されやすい。
社交的で広く浅い。

内向型は否定されることも多いが
自分の世界観をしっかり持っている。
外向型はうまくやっていく反面、
自分があまりないように思われることもある。
どれも一長一短であり得意な面を生かし、
苦手な部分をいかにフォローするかが
現実世界でも大切になってくる。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 心理学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/837-beeb7866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12