Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

血液の生化学データ 貧血 

身体が何らかの運動をしたとき、
酸素や栄養を骨格筋や臓器に輸送する。
これは心臓や末梢循環を介し血液によって行われる。

血液は呼吸・循環・代謝に関与し、
モチベーションの低下なのか、
身体症状なのかを確認するためには
血液の生化学データは重要な指標となる。

血液は血清(血漿)という
タンパク質・ホルモン・凝固因子によるものが55%。
血球という赤血球・白血球・血小板によるものが
45%で構成される。

貧血では赤血球の数や形、成分の低下が起こる。
データとしては赤血球数やヘモグロビン値、
血色素量などが変化する。
これらのデータは酸素運搬能力の低下を示す。

運動をすると酸素は多く必要になる。
貧血があると筋や各組織に酸素不足が生じる事により
倦怠感や疲労感といった症状が出現しやすくなる。
動悸・めまい・頭痛・冷汗、唇や爪の色そして
息苦しさなどの症状が出現する。
休息の目安は心拍や呼吸が安静時に戻るかどうかが
ポイントである。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 医療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/849-7dd2bea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12