Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

アライメント 

Gravity lineが股関節から離れた場合や
C7 plumb lineが股関節より前方に位置した場合、
身体は抗重力筋の負担を強いられることになる。

身体は姿勢制御の方略として、
いかにこれらのLineを
体の中心近くに位置させるかを重要視する。

筋力の不均衡や柔軟性の低下など
張力のアンバランスが生じた場合や、
関節可動域制限が生じた場合
これらのLineを中心に位置する事は難しい。
またさらに中枢レベルでもこれらの姿勢が
習慣として刻み込まれているため、
修正する事で違和感を感じる事もある。

Lineが逸脱する理由がどこにあるのか?
筋なのか関節なのか評価によって明確にし、
中枢レベルで繰り返し学習していく事が必要となる。

姿勢制御と運動連鎖(運動学的視点から)

1)Fegoun et al,Spine 2005,Huec et al,Eur Spine j 2011
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/850-c2e8b3b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12