Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

障害が生じる部位 

障害が生じる部位は過剰な運動が生じることが多い。
過剰な運動が生じる部位は必然的に
筋や関節などの負担が集中しやすい。
動きが強くなったり、持続的に繰り返されたりする。
痛んでしまった場合は
障害部分の生理学的な回復が大前提で
回復に伴って硬くなった部位の動きを
改善していく。

姿勢制御と運動連鎖(運動学的視点から)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/853-c6dd8d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12