Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

歩行の運動連鎖 

歩行を分析する際に運動連鎖を知っておく事は
ポイントをおさえる上で有効である。

立脚前期から中期に問題がある場合、
 ・骨盤の前傾
 ・股関節の内旋
 ・下腿の内旋
 ・腓骨の挙上、内旋、開き
 ・足部の外返し
 ・第1中足骨の屈曲

立脚中期から後期に問題がある場合、
 ・骨盤の後傾
 ・股関節の外旋
 ・下腿の外旋
 ・腓骨の下制、外旋、閉じ
 ・足部の内返し
 ・第1中足骨の伸展

立脚前期から中期に内旋の連鎖が生じない場合や
立脚中期から後期に外旋の連鎖が生じない場合は
代償が生じる。
また一部の連鎖が阻害された場合、
他の関節が過剰に動くきストレスとなる事もある。

立脚期前期から中期の内旋の連鎖、
立脚中期から後期での外旋の連鎖の確認。
また内旋や外旋の連鎖の動きの小さいところや
大きいところを確認することで
歩行に関わる部分のアプローチを行う事が可能になる。

姿勢制御と運動連鎖(運動学的視点から)

1)入谷誠,入谷式足底板〜基礎編〜,運動と医学の出版社 2011
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/858-e212d262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12