Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

日常生活による障害 

障害が起きる事で日常生活に支障が出ると
言われる事が多いが果たしてそうなのだろうか。
何らかの外傷により障害が起きたのならうなずけるが、
そういった起点がないのにも関わらず
機能障害が起きるのはなぜだろうか。

日常生活の習慣で姿勢や動作が常に行われる。
これにより特定の部位に過剰な運動とともに
ストレスが加わると障害が生じる。
これは習慣による姿勢や動作によるクセが
障害を導いているとも言える。

特定の姿勢や動作は筋のアンバランスや
関節の機能以上を誘発する。
そしてこれにより組織の微細損傷が生じれば
それが痛みとなり機能障害になるわけである。
またこういった障害が生じると、
その部位を守るために代償動作が生じるが、
長期化することでその代償動作も
機能障害を生じさせる原因となり、
障害がさまざまな部位に波及する事になる。

姿勢制御と運動連鎖(運動学的視点から)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/859-77561c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12