Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

障害組織の鑑別 

痛みがあるときに筋の問題なのか
関節の問題なのか迷うときはよくある。
かなり時間が経過した場合は
どちらも混在する場合が多いが
障害が起こってまだ時間が経っていない場合は
どちらの影響が強いか特定することで
より効率的なアプローチが可能になる。

障害が筋か関節かを判断するためには
筋が収縮する組織で、
関節が収縮しない組織ということを
頭に入れとくと良い。
要するに収縮させた場合と収縮させない場合で
どちらに症状があるかを把握することができれば
どちらに障害があるのか運動学的に証明することができる。

筋の問題が疑われる場合は
自動運動と等尺性抵抗運動のような
筋の収縮を伴う運動で症状が出現する。
また関節の問題が疑われる場合は
自動運動と他動運動ともに関節が動くため
症状が出現する。

自動運動では筋、関節ともに症状が出現するが
等尺性抵抗運動では筋に問題がある場合に症状が出現し、
他動運動では関節に問題がある場合に症状が出現する。

注意すべき点では急性期や痛みが強い場合は
他動運動でも筋スパズムが生じるために
症状が誘発される可能性があること。
しっかりとend-feelをかくにんしておく必要がありそうだ。

レジュメ用 のコピー

1)奈良勲 他:系統別・治療手技の展開.共同医書出版.2007.pp3-19
関連記事

Category: 痛み

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/865-6884d434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12