Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

椎間板ヘルニアの鑑別 

腰痛がある場合に最も注意しなければならないのが
神経症状の有無である。
可能性としては多くないが膀胱・直腸障害などの
馬尾症候群があれば手術適応であるレッドフラッグであるし、
椎間板ヘルニアであれば動きに注意しなければ
悪化させてしまうことになる。

これらは問診をきちんと行うことで対処することができる。
「しびれている。」
「力が入らない。」
などがそれらに関連する訴えであるが、
「何か一枚足にはめているような感じ。」や、
「スリッパがすぐ脱げる。」などの訴えになることもある。
こういった神経が関係する訴えがあった場合は
評価を行い確認する必要がある。

椎間板ヘルニアの症状として神経根症状がある。
正常神経根を刺激しても症状が出現しないことから
物理的な刺激のみでは神経根症状は
出現しないことが予測される。
また症状のある神経根では発赤と腫脹が認められ、
炎症が関与していることが示唆される。
これらから神経根は物理的な圧迫のみならず、
炎症を伴う場合に症状が出現する。

これが臨床上MRIではヘルニアは残っているが
神経根症状が軽減もしくは消失する理由である。
ようするに物理的な圧迫があるも炎症が軽減したのである。
椎間板ヘルニアが示唆される場合は
腰椎の屈曲や回旋は椎間板にストレスを欠ける可能性も高く、
注意をしなければならない。

腰椎
関連記事

Category: 腰椎

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/873-8393d753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12