Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

脳幹 

脳幹は狭義では中脳延髄を指す。
広義では間脳中脳延髄
間脳は視床および視床下部が含まれる。

中脳の前面は大脳脚と呼ばれる。
橋の底部に続き、錐体路をなす。
大脳脚の付け根は黒質と呼ばれる。
後面は中脳蓋がある。
中脳蓋と黒質の間にある部分が被蓋である。

は多くの脳神経核が存在し、
三叉神経、外転神経、顔面神経、聴神経といった
脳神経が出る部位である。

延髄は見た目上、脊髄との間に明瞭な境界はない。
随意運動の伝導路の錐体路が通る。
後索核、内側毛帯が知覚伝導路に関係、
網様体が呼吸と循環に関わる。
前外側溝を境に、オリーブがある。

視床は視覚、聴覚、体性感覚などの感覚入力を
大脳新皮質へ中継する。

視床下部は自律機能の調節を行う総合中枢。
中脳以下は呼吸運動や血管運動など個々の自律機能を調節。
視床下部は交感神経・副交感神経機能及び
内分泌機能を全体として調節している。
体温調節中枢、下垂体ホルモンの調節中枢、浸透圧受容器など。
また摂食や飲水行動、性行動、睡眠などの本能行動や、
怒りや不安などの情動行動との関連も深い。

脳幹
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/878-d5b1fa64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。