Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

痛みと鎮痛剤 

痛みはどういった経路で感じるのだろうか。
痛みは最終的には脳で感じ認識する。

組織の障害やストレスが生じた場合、
疼痛物質であるブラジキニンやヒスタミン
そして感受性を亢進させるプロスタグランジンが分泌され、
自由神経終末により受け止められる。
痛み物質が存在しそれを感知して
はじめて痛みは認識されることとなる。

受け止められた刺激は脊髄後角から膠様体、
そして対側の脊髄視床路を通り、脊髄、延髄、中脳、視床
を通り大脳で認知される。

では痛み止めはどうやって効いているのだろうか?
最もよく用いられる薬は
それから非麻薬性鎮痛薬(NSAIDs)
脳への働きは弱いが、
鎮痛と熱を下げたり炎症を抑制する働きがある。
ロキソニン、ボルタレン、ロピオン、アスピリンが代表的なものである。
この非麻薬性鎮痛薬(NSAIDs)は痛み物質や
神経をブロックするのではなく
痛みの感受性を亢進させるプロスタグランジンを
作りにくくする
のである。

こういった薬の副作用は
胃粘膜に影響し胃腸障害、胃・十二指腸潰瘍などの
症状が出現することを注意する必要がある。
そのため短期で服用するものと長期服用可能なもの
に種類が分かれる。
長期服用可能なものはCOX-2(コックスツー)選択的阻害剤
と呼ばれセレコックスやロルカムが代表である。

胃腸に何らかの症状があれば使用を中止することは
注意が必要である。

痛み
関連記事
スポンサーサイト

Category: 痛み

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/887-7d1dfc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12