Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ストレスによる痛みと慢性疼痛 

通常の痛みの経路の他に
もう一つの痛みの経路がある。

痛みはストレスの影響により、
増加することは聞いたことがあるのではなかろうか。
今度はストレスによる痛みの増加についてである。
ストレスがかかると副腎髄質によるホルモンの影響で
血管の収縮が生じる。
また交感神経が興奮し、筋肉が緊張を起こす。
この血管収縮と筋肉の緊張は組織に酸欠を生じさせ、
発痛物質を生成する原因になってしまうのである。

心因性疼痛のメカニズム

そうなることでまた通常の痛みの経路が作動し、
疼痛を感じることになるのである。

このことから組織に障害が起きていなくても、
ストレスが痛みを作り出すことも可能であるし、
またエンドレスで痛みが続いてしまう慢性疼痛も
こういったメカニズムによるものといわれている。

痛みそのものの治療とともに、不安やストレスの改善も
考慮することが痛み治療としては非常に重要である。

心因性疼痛2
関連記事
スポンサーサイト

Category: 痛み

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/889-90533b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。